総合トップへ
ホーム  >  農産物(県産品) [ 用語データベース ]  >  イチゴ新品種 ひのしずく

農産物(県産品)

イチゴ新品種 ひのしずく

最終更新日[2014年11月6日]

農業研究センター農産園芸研究所において8年の歳月をかけ、平成15年に初めて育成したイチゴ新品種。「さちのか」に「栃の峰」をかけた「98-30」を母に、「久留米54号」に「栃の峰」をかけた「98-20-3」を父にして交配した系統から選びました。特徴としては、(1)糖度が安定して高く非常に美味しい、(2)果実が大きい、(3)鮮やかな赤色、などがあります。 平成16年9月3日、一般公募により愛称「ひのしずく」と命名されました。現在、特に味に優れる特徴を発揮できるように栽培面積の拡大を図っています。

 

担当課室名 : 農業研究センター
担当係(班) : 農産園芸研究所


 


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。