総合トップへ

農産物(県産品)

いちご高設栽培

最終更新日[2014年11月6日]

高設栽培とは、ビニールハウス内にパイプ等を利用した架台の上に栽培槽を設置し、栽培槽の中の培地でいちごの栽培を行うことです。高設栽培は、10a当たりの収量向上及び軽作業化が可能であることから、本県では平成21年で約27ha程導入されています。
高設栽培のシステムは、各県の試験研究機関及び農業資材メーカーが発表し、販売されています。

 

担当課室名 : 園芸生産・流通課
担当係(班) : 野菜班


 


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。