総合トップへ
ホーム  >  農産物(県産品) [ 用語データベース ]  >  バケット低温輸送

農産物(県産品)

バケット低温輸送

最終更新日[2014年11月5日]

水を入れた容器に、切花を縦にさして保冷車等で産地から市場、小売店へ流通させる花きの輸送システムを「バケット低温輸送」といいます。
バケット低温輸送は、切花の鮮度保持に有効で、バラやカスミソウなど輸送中に品質低下の恐れがある品目には、特に効果が高いとされています。
また、水を入れる容器をリサイクルすることにより、出荷コストの削減が可能で、環境保全の面からみてもゴミの削減にもつながる輸送方法です。
県内花き産地では、消費者に喜ばれる日持ちの良い切花を提供する手段として、定着しています。

 

担当課室名 : 園芸生産・流通課
担当係(班) : 果樹・花き班


 


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。