総合トップへ

農産物(県産品)

パイプライン

最終更新日[2014年11月5日]

パイプラインとは、農業用水を圧力管路により送配水する施設であり、管路と付帯施設(仕切弁や空気弁等)から構成されています。
パイプラインの特徴は次のとおりです。
(1)パイプラインは圧力管路であるため、水圧を有効に利用することができます。
(2)開水路に比べると、複雑な地形での路線選定が可能であり、ポンプ等との組み合わせにより従来不可能とされていた地域への送水が可能となります。
(3)給水栓の開閉操作だけで水管理が行える方式となるため、水管理の省力化及び節水を図ることができます。
(4)管路は埋設するため、水路用地を節約できます。

 

担当課室名 : 農村整備課
担当係(班) : 水資源農道班


 

 


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。