総合トップへ

農産物(県産品)

養液土耕栽培

最終更新日[2014年11月5日]

養液土耕栽培とは、「土壌の持っている良さを活用し、作物の生育に合わせて、必要とする養分を、必要なときに、必要な量だけ潅水施肥する栽培方法」です。
具体的には、作物の生育ステージごとの養分吸収量に合わせて調合した薄い液肥(養液)を点滴(ドリップ)チューブで1日2~10回程度少量づつ給液します。このため、自動給液装置と均一に潅水できる点滴チューブの導入が必要です。
県内では、花きや野菜のキュウリ、トマト、ナス等で導入が進んでいます。

 

担当課室名 : 園芸生産・流通課
担当係(班)  : 野菜班


 


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。