総合トップへ
ホーム  >  農産物(県産品) [ 用語データベース ]  >  担い手育成総合支援協議会

農産物(県産品)

担い手育成総合支援協議会

最終更新日[2014年11月5日]

担い手育成総合支援協議会は、「担い手育成総合支援協議会設置要領」に基づき、担い手育成の窓口として各市町村(市町村協議会)及び熊本県農業会議(県支援センター)に設置されています。
市町村支援センターは、市町村、農業委員会、農業協同組合、地域振興局(農業振興課・地域農業改良普及センター)等で構成され、認定農業者になることを希望している農業者への農業経営改善計画の作成支援や、認定農業者の経営改善を支援するための相談会、経営管理や生産技術等に関する研修会、異業種との交流研修会、フォローアップ活動(再認定者の旧経営改善計画の取組評価と新経営改善計画の策定支援)、認定農業者の組織活動支援等の他、地域営農組織の育成や農地の集積を推進しています。
また、県段階においても、県協議会を設置し(事務局:熊本県農業会議)、経営改善スペシャリストの登録と市町村協議会への派遣、個別経営相談会、経営診断、市町村協議会の農業経営指導者(マネージャー)養成講習会等、県段階の担い手育成活動の支援等を行います。

 

担当課室名 : 農村・担い手支援課担い手支援室
担当係(班) : 担い手支援班


 


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。