総合トップへ
ホーム  >  農産物(県産品) [ 用語データベース ]  >  トレーサビリティー(青果物)

農産物(県産品)

トレーサビリティー(青果物)

最終更新日[2014年11月5日]

トレーサビリティーとは、元々は工業製品等の出所や原材料等の履歴、所在等を追跡する能力として、民間の自主的な品質管理規格であるISO8402やISO9000に位置づけされている概念であり、日本語で表せば「追跡可能性」となります。
野菜を含む食品の安全性や品質に対する消費者の関心が高まる中で、野菜・果樹などがいつ、どこで、どのように生産・流通されたか等について、消費者がいつでも把握でき、万一何らかの問題が発生した場合に、その原因究明を容易にするトレーサビリティーへの取り組みが求められています。

 

担当課室名 : 園芸生産・流通課
担当係(班) : 野菜班


 


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。