総合トップへ

農産物(県産品)

低コスト稲作

最終更新日[2014年11月5日]

ミニマム・アクセス米の輸入増や関税率の低下により、今後国際競争に耐えうる米づくりが必要となってきますが、アメリカの100分の1の作付け規模である日本の稲作は、逆にアメリカの10倍以上の生産費となっており、大幅な省力化、コストダウンが必要です。
そのため、ほ場整備や農地流動化・作業受託等による大規模化、育苗・田植えをせず直接本田に種籾をまく直播や、疎植栽培、無人ヘリ防除等の新技術の開発・普及等により作業の効率化を図り、省力化、コストの低減を進めています。

 

担当課室名 : 農産課
担当係(班) : 生産総合班


 


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。