出荷・旬の情報

れんこん

最終更新日[2017年5月31日]

今シーズンの作柄


れんこん

平成29年産の蓮根は7月の2年掘の作型が多く、生育は順調です。
ただ、台風や日照不足になると大きく作柄が変るので注意が必要です。
(2年堀-1年目の蓮根をすべて収穫せず、残した地下茎で2年目の収穫も行うこと)

[平成29年5月中旬時点]

今シーズンの出荷見通し

例年通りの面積と現在の作柄です。ピークは9月~12月です。
[平成29年5月中旬時点]
出荷時期

熊本の特徴

【県内の主な産地と出回り時季】
沖新、松橋がメイン産地です。沖新はハウス栽培が多く5月中旬から8月半ばまで、
松橋は7月から3月いっぱいの出荷です。

【熊本で特徴的な種類や品種】
一般的な金澄、成蹊という品種を使っています。
金澄は甘味が強くシャキシャキした食感です。
成蹊は淡白な味ですが、モチモチした食感が特徴です。
また、ハウス物は灰汁が少なく、果肉に透明感があります。
露地物はハウス物に比べて肌目が赤っぽく、果肉が固めになります。

【関連リンク】

調理レシピ(小学校)
調理レシピ(中学校)


一口メモ・コメント

酢蓮根(蓮根を2~3分茹でて、酢を多めにした合わせタレとビニール袋で30分位
寝かせます。ごまを振りかけて出来上がり。)

〔時期〕 沖新はハウス栽培が多く5月中旬から8月半ばまで、松橋は7月から3月いっぱいの出荷
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。