出荷・旬の情報

なす

最終更新日[2017年5月31日]

今シーズンの作柄


なす

順調に生育しています。

[平成29年5月中旬時点]






今シーズンの出荷見通し

順調に出荷されています。
[平成29年5月中旬時点]
なすの出荷時期

熊本の特徴

【県内の主な産地と出回り時季】
9月~6月の間は熊本市、宇城市、玉名市、鹿本地域を産地とするものが出回っています。7月になると、主な産地は玉名市、球磨地域、鹿本地域、阿蘇地域(ひごむらさき)となります。

【熊本で特徴的な種類や品種】
熊本で特徴的な種類としては、阿蘇郡高森町で多く生産されている「ひごむらさき(※くまもとふるさと特産野菜)」や、鹿本地区で主に生産されている、「大長なす」があります。「大長なす」は通常のナスよりかなり長く60~70cmにもなり、筒状の果形をしているためどこを切っても同じ大きさになり使いやすいという特徴があります。
(※くまもとふるさと特産野菜とは・・・伝統野菜以外の熊本県内の限定された地域の人や風土とのかかわりが強い野菜で、栽培が地域に定着している野菜。)

一口メモ・コメント

果肉がやわらかいので、シンプルに焼いてポン酢をかけて食べるのがおすすめです。

〔時期〕 9月~6月の間は熊本市、宇城市、玉名市、鹿本地域を産地とするものが出回っています。7月になると、主な産地は玉名市、球磨地域、鹿本地域、阿蘇地域(ひごむらさき)となります
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。