出荷・旬の情報

里芋

最終更新日[2017年10月30日]

今シーズンの作柄

里芋

今シーズンの作柄は良く生育も順調なため、2L・Lが多くなりそうです。台風、雨の影響も少なく豊作傾向です。


 

 

 

 

 

 

 

今シーズンの出荷見通し

11月下旬より量が増えて12月にピークを迎えます。
12月年末は需要期になるので、生産もそこに合わせて組み立ててあります。

 

里芋の出荷時期

 


熊本の特徴

【県内の主な産地と出回り時季】
熊本の主な産地は西原、清和、矢部、人吉です。
出荷は10月下旬~4月下旬までで、11月~3月がピークになります。
【熊本で特徴的な種類や品種】

熊本には大和、土垂、ハスバなどですが、ほとんどはハスバです。ハスバは白芽の里芋
で、エグ味が少なく煮崩れしにくいのが特徴です。また葉が蓮の葉のように上向きになる為この名が付いています。
また、赤芽の里芋は主に天草で栽培されていましたが、収量が少ないことと白芽との価格差が出なくなったことで衰退しました。

【関連リンク】

調理レシピ(小学校)
調理レシピ(中学校)
 

一口メモ・コメント

里芋の磯部餅
 里芋の皮を剥き、中火で15分ほど煮ます。これをボウルに入れて潰し、めんつゆ、みりん、塩で味を整え、平らな餅風の形に作り味付海苔を貼り中火で両面を焼きます。
モチモチの食感で美味しくいただけます。

〔時期〕 出荷は10月下旬~4月下旬までで、11月~3月がピークになります。
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。