出荷・旬の情報

馬鈴薯

最終更新日[2018年6月29日]

今シーズンの作柄

馬鈴薯写真

現在天草が終盤になり、八代・宇城がピークを迎えています。
天候も良く、大玉で生育も良好です。


 

 

今シーズンの出荷見通し

若干の出荷遅れが見られますが、全体的には概ね順調です。

出荷見通し図

 


 

熊本の特徴

【県内の主な産地と出回り時季】

主な産地は天草(4~6月)、八代・宇城(5~7月)です。

 

【熊本で特徴的な種類や品種】

熊本は全国的に馬鈴薯生産量の多い産地ではありませんが、メークインは13,000トンほどで全国10位と多く生産されています。メークインは天草・八代での生産が多く、煮崩れ
し難くカレーやシチューに適している品種です。
また、西ゆたかや出島といった丸い形状のものもあります。ホクホクちした食味が特徴で、ふかし芋や肉じゃがなどの料理に向いています。


 【関連リンク】
調理レシピ(小学校)
調理レシピ(中学校)

一口メモ・コメント

メークインはカレー、シチューはもちろんですが、形が崩れ難いのでジャーマンポテトにも最適です。
西ゆたか・出島はふかしてそのまま食すのが本来の味を楽しめます。じゃがバターです。

(情報提供/熊本大同青果株式会社)

〔時期〕 4月下旬~6月
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。