総合トップへ
ホーム  >  食品 [ 熊本県の食糧自給率 ]

食品

 熊本県の食料自給率について

(本県の食料自給率はカロリーベースで59%、生産額ベースで151%)
 我が国の食料自給率(カロリーベース)は、昭和40年は73%でしたが、平成10年には40%まで低下し、その後は横ばいで推移しています。
 このような中、本県の総合食料自給率は、平成25年はカロリーベースで59%(全国第18位)、生産額ベースで151%(全国第7位)となっています。
農林水産省(都道府県別食料自給率)HP:

 http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/zikyu_10.html  

■本県食料自給率の推移
区分 単位 7年度 12 17 23 24 25
総合自給率

カロリーベース

- 61 58 61 58 59
生産額ベース - 154 152 152 159 151
品目別
(重量・金額)
ベース)
179 156 148 158 152 152
小麦 11 16 20 15 14 15
大豆 6 10 6 10 9 8
野菜 275 276 264 278 296 290
果実 145 137 133 116 120 124
牛乳 224 238 257 253 253 252
牛肉 141 131 191 170 182 182
豚肉 146 143 118 117 116 127
鶏卵 143 139 112 114 120 125

資料)農林水産省「生産農業所得統計」、「作物統計」、「食料需給表」、総務省「推計人口」
 注) 総合食料自給率(カロリー・生産額)は国公表値(平成10年から公表)
    品目別自給率(重量ベース)は県算出(国内品目別自給率×県内生産量(額)割合÷県人口割合)

    ・牛乳は飲用向けとし、国内自給率を100%として計算

    ・米・麦・大豆は生産量で試算。その他品目は農業産出額により試算した。
 

 


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。