熊本県防災情報ホームページ
防災の知識 戻る ホーム
地域の防災は地域住民の手で

地震の心得10ケ条 その1 地震の心得10ケ条 その2 土砂災害 −こんな前ぶれに注意!−


地震の心得10ケ条 その1


(1)まずはわが身の安全を
 
大きな揺れは1分ほどでおさまります。丈夫な家具などの下で身を隠し、しばらく様子を見ます。座布団などで頭の保護も大切です。

(2)すばやい消火・火の始末
使用中の電気製品・石油ストーブなどはすばやく火を消しましょう。
 
火を消す3度のチャンス
チャンス1 揺れを感じたとき
強い衝撃でない場合は、最初の2〜3秒の瞬間に火を消します。
チャンス2 大揺れがおさまったとき
大きな揺れのときは揺れがおさまるのを待って火を消します。
チャンス3 出火したとき
出火しても1〜2分程度では燃え広がりません。冷静に消火を。天井まで達した場合は早く近所に知らせ、協力して火を消しましょう。
(3)非常脱出口を確保する
 
地震の振動でドアや窓が開かなくなることがあります。地震が発生したら玄関などの脱出口を確保しましょう。
(4)あわてて外に飛び出さない
 
あわてて戸外へ飛び出すとケガをすることがあります。周囲の状況をよく確かめ、落ちついて行動しましょう。
(5)室内のガラスに要注意
 
ガラスの破片に注意し、小さな子どもは抱いて歩くようにしましょう。


 ▲ページの先頭へ
戻る ホーム
Copyright 2005 Kumamoto Prefecture Allrights Reserved.