熊本県防災情報ホームページ
災害記録 戻る ホーム
平成15年7月県南集中豪雨〜水俣市土石流災害等〜 公開日[2005年4月12日]
 平成15年7月18日(金)から20日(日)にかけ、九州北部の対馬海峡に停滞していた梅雨前線に向かって、九州南西海上から暖かい湿った空気が舌状に流れ込み( 「湿舌」と呼ばれる現象)、九州各地に局地的な集中豪雨をもたらした。この豪雨によって発生した土砂災害や洪水被害により、熊本県、鹿児島県、福岡県、長崎県の各県であわせて23名の方々が犠牲になった。
 特に、熊本県においては、20日未明、熊本県水俣市の深川新屋敷(ふかがわ・しんやしき)地区と宝川内集(ほうがわち・あつまり)地区の2つの地区で発生した土石流災害により19名という多数の方々が亡くなり、また、物的被害の額も県南地域を中心に県下50市町村で176億円にのぼるなど、高潮の発生により12名の犠牲者を出した平成11年9月の台風18号被害以来の大災害となった。
水俣市宝川内地区被災地遠景
水俣市宝川内地区被災地遠景
PDFファイル 水俣災害公式記録(本編)(348キロバイト) PDFファイル 水俣災害公式記録(資料1)(22キロバイト)

PDFファイル 水俣災害公式記録(資料2)(36キロバイト) PDFファイル 水俣災害公式記録(資料3)(12キロバイト)


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
右のボタンからダウンロードできます。
アクロバットリーダーダウンロードボタン
 ▲ページの先頭へ
戻る ホーム
Copyright 2005 Kumamoto Prefecture Allrights Reserved.