熊本県防災情報ホームページ
お知らせ 戻る ホーム
平成20年度熊本県総合防災訓練を開催しました 公開日[2008年9月12日]

訓練の概要
 熊本県の総合防災訓練は、「防災関係機関相互及び防災関係機関と住民等との連携強化」、「住民の防災意識の高揚」、「防災関係機関職員の能力向上」を目的として毎年実施しています。
  また、平成18年度からは、関係機関の対処能力の向上や国民保護措置に対する県民の理解促進を図るため、国民保護の実働訓練も併せて実施しています。
  今年度は、 ○防災実働訓練  ○防災図上訓練  ○国民保護実働訓練 の三種類の訓練を上益城地域振興局管内の3カ所で実施しました。


1 防災実働訓練
震度6強の地震発生により、道路等交通網の寸断、建物の火災・倒壊等による死傷者が発生していることを想定し、大規模地震災害発生時の応急対策等における関係機関相互の連携強化や対応力の向上を目的に、消防学校を会場として防災実働訓練を実施しました。

事故車両からの救出
事故車両からの救出
救急隊による負傷者の救助
救急隊による負傷者の救助

自衛隊による給水活動
自衛隊による給水活動
蒲島知事による総評
蒲島知事による総評

2 防災図上訓練
  震度6強の地震により上益城郡御船町を中心に被害が発生したとの想定のもと、町災害対策本部を開設・運営し、救出・救助部隊の受入体制を確立するとともに、各機関との活動調整等の応急対応能力の向上を目的として、御船町カルチャーセンターを会場に図上訓練を行いました。
情報収集活動の様子
情報収集活動の様子
関係機関との調整の様子
関係機関との調整の様子

情報収集活動の様子
情報収集活動の様子
蒲島知事視察
蒲島知事視察

3 国民保護実働訓練
 大型店舗において化学物質が散布されたことを想定し、各機関の共同連携による対処能力の向上を図るとともに国民保護措置に対する県民の理解促進を図ることを目的として、実際に嘉島町の大型商業施設を会場として実働訓練を行いました。
防護服での活動の様子
防護服での活動の様子
トリアージ活動の様子
トリアージ活動の様子

現地調整所
現地調整所
ヘリによる患者搬送
ヘリによる患者搬送


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
右のボタンからダウンロードできます。
アクロバットリーダーダウンロードボタン
 ▲ページの先頭へ
戻る ホーム
Copyright 2005 Kumamoto Prefecture Allrights Reserved.