熊本県防災情報ホームページ
お知らせ 戻る ホーム
『平成20年度熊本県防災・国民保護セミナー』 を開催しました。 公開日[2008年9月12日]

 8月30日からの防災週間に併せて、県では防災関係者と一般県民の皆さまに防災の意識と知識を高めていただくこと、また国民保護について広くご理解をいただくことを目的としたセミナーを開催しました。
 
当日は400人を超える方々が来場され、県民の防災や国民保護
に対する関心の高さを感じることができました。

PDFファイル 式次第及び講師略歴(22キロバイト)

講演T
 まず、関西学院大学総合政策学部の室ア益輝教授が「自助・共助・公助による防災活動〜大規模災害発生への備え〜」というテーマで講演されました。

 講演では、大きな災害に対しては、防災ではなく減災という考えを持ち、自助・共助・公助の有機的連動をはかることが必要である。
 また、大規模災害への備えとしては、住宅耐震補強や防災まちづくり等の「予防医学対応」、被災情報収集や活動組織の連動の「緊急治療対応」、住宅再建支援や地域経済回復の「再生回復対応」、地域防災教育の「公衆衛生対応」等の対応が急がれる重点課題であるなど、分かりやすい説明がありました。

室ア教授講演の模様
室ア教授講演の模様

講演U

 次に、崇城大学工学部の井芹浩文総合教育教授が「地方における国民保護対策について〜消防団の役割と自主防災組織・ボランティアに期待されること〜」というテーマで講演されました。
【講演内容】
 ・国民保護の精神
 ・国民保護法制の仕組み
 ・リーダーの危機管理マインド
 ・阪神大震災と中越地震での危機管理の違い
 ・危機管理状態での情報提供と情報教育
 ・個人情報保護との矛盾
 ・国民保護、危機管理で鍵を握る消防団

井芹教授講演の模様
井芹教授講演の模様

熊本県の国民保護ホームページ

http://www.pref.kumamoto.jp/existence/kokumin_hogo/index.html



※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
右のボタンからダウンロードできます。
アクロバットリーダーダウンロードボタン
 ▲ページの先頭へ
戻る ホーム
Copyright 2005 Kumamoto Prefecture Allrights Reserved.