熊本県 防災ハンドブック 土砂災害から身を守る

こうして起こる!土砂災害発生のメカニズム

●土砂災害は、大雨や融雪、地震、火山噴火によって発生します。

●梅雨や台風などの雨が多く降る時期は、注意が必要です。

●1時間に20ミリ以上、または降り始めてから100ミリ以上の降水量になったら十分な注意が必要です。

DANGER!危険!

がけ下や山すそに住んでいる方は特に注意を!!

前兆現象に注意してください!

長雨や集中豪雨によって、石や土砂が水と一緒になって一気に下流へ流れる現象です。
●山鳴りがする。
●急に川の流れが濁り、流木が混ざっている。
●土臭いにおいがする。
●雨が降り続いているのに川の水位が下がる。

長雨や集中豪雨によって、斜面が急に崩れ落ちる現象です。
●がけから水が湧き出してくる。
●がけに亀裂が入る。
●がけから小石がバラバラ落ちてくる。
●がけから木の根が切れる等の異様な音がする。
●家や擁壁、樹木や電柱が傾く。

地下水などが粘土のような滑りやすい地面にしみ込んで、その影響で地面が動き出す現 象です。
●沢や井戸の水が濁る。
●地面にひび割れができる。
●斜面から水が湧き出す。
●家や擁壁に亀裂が入る。
●家や擁壁、樹木や電柱が傾く。

土砂災害発生の事例

熊本県でも、多くの土砂災害が発生しています

●最近では、平成15年の水俣市を中心とした県南集中豪雨災害(死者19名)、平成24年の阿蘇地 方を中心とした熊本広域大水害(死者・行方不明者25名)により、多くの尊い命が失われています。

●深夜の突発的豪雨と落雷により、避難行動が制約されました。

日頃の備えと早めの避難

●日頃から、がけから離れた部屋や2階で過ごすことが重要です。

●気象情報をテレビ・ラジオ・インターネット等で収集しましょう。

●土砂災害危険度情報をインターネットで確認しましょう。

●市町村が作成しているハザードマップを確認し、自分の家が土砂災害の危険箇所にあるかどうかを確認しましょう。

●避難場所や避難経路を確認しましょう。

●明るい時間帯のうちに、親類、友人宅、避難所など安全な場所への早めの予防的避難を行いましょう

迷わず避難…

危険を感じたら、大雨警報、土砂災害警戒情報、避難勧告が出る前に

●土砂災害警戒情報とは、土砂災害の危険性が高まったとき、熊本地方気象台と熊本県が共同で発表するものです。

深夜の集中豪雨などにより、外に出て避難ができない緊急時には

●自宅内の2階または山側(斜面)の反対へ避難

土砂災害の危険箇所を確認

PAGE TOP