総合トップへ
ホーム  >  くまもと食・農ネットワーク [ 組織の概要について ]

くまもと食・農ネットワーク

組織の概要について

 
   活動のコンセプト

       「食」と「農」の結びつきを、「生産者」と「消費者」のパートナーシップで強めよう。

 

 

   活動内容

  ア 地産地消の推進

  • 生産から消費までの様々な立場の会員が、交流をとおして、組織や地域で地産地消
    の取り組みを広げていきます。 
  • この地産地消の取り組みによって、消費者と生産者、都市と農村の共生関係(パート
    ナーシップ)づくりを進めます。

 イ 地産地消に関するホームページを活用した交流

  • インターネット上に県内の地産地消に関する情報の総合窓口を開設します。
  • 会員限定のメールマガジンを発行し、旬の農産物や、農業に関するイベントなどの情
    報を定期的に発行していきます。
  • 会員間情報交換の場(掲示板)を設置します。

  ウ 相互交流会の開催

  • 会員が一同に会する場を設定します。
  • 会員の紹介、特徴的な取り組み事例などを紹介していきます。

エ 学習会の開催

  • 食生活や農業、環境など地産地消に関係ある内容の学習会を開催します。

 

 【活動の展開

 

会員個人  

矢印 

ネットワーク  

矢印

 地域

矢印 

*運営委員活動の展開
*ネットワークイメージ図

 

 矢印

 草の根

 

 ページのトップへ戻る

 

     ●基本的な考え方

    「地産地消」を県民的な取り組みとして推進していくために、ネットワークのリーダー的役割を果たすコア会員の活動が、

    県民全体へと広がるような体制の整備を図る。

運営委員活動の展開

 

ページのトップへ戻る

 

 【ネットワークのイメージ図 (別紙2)

 

活動の視点

 

  (1) 運営委員 25人程度
     ・食と農、文化、環境、健康等に関心が高く、「地産地消」の牽引役として役割が期待できる人
      消費者、生産者、栄養士、食生活改善推進員、医師、調理師、司厨士、JA等の各種団体の実務者
      及び旅館関係者、量販店、流通業者等

  (2) 一般会員(無制限)
     ・募集
      食と農、文化、環境、健康等に関心があり、「地産地消」の取り組みに参加したい人
     ・対象者 熊本県民

 
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。