トップページへリンク集サイトマップ

木簡日記

ホーム  >  木簡日記  >  鞠智城東京シンポジウムPRキャラバン 第1弾

鞠智城東京シンポジウムPRキャラバン 第1弾

2013年6月10日(月)

みなさーーーーん、こんにちは。
さきもりころう隊です!!

今回はですね、
行ってきましたよ、ころう君。\(◎o◎)/!

東京に。。。。。

1
ん?
んん?

なんだろか―ふたっして。(笑)
東京にきても自由に活動ばしよらすねー
なんかひと仕事終えたあとっごたっですね。


いまからですよ!!

くまモンも一緒だったから、ころう君緊張せんだったとだろね。


今回は、東京で開かれる『鞠智城東京シンポジウム』にむけて
ころう君が東京の歴史系雑誌社へ出動致しました。


本当はころう君、、、東京の街中に、、、、
って戸惑っていたことは、ナイショにしとくね。(笑)
4社の雑誌社を巡らせて頂きましたよ(*^。^*)

■中経出版『歴史読本』編集部
■PHP研究所『歴史街道』編集部
■ベストセラーズ『歴史人』編集部
■洋泉社『歴史REAL』編集部


以上の4社にて、快く取材をしていただき、PRをしっかりとしてきました。
しっかし、東京のオフィス街や商店街の道を歩いていても、
なんねーこれは、と声をたっくさんの人に掛けて頂きました。

2

そぎゃんです。
手が届かんで、宮崎県ば差しとるごたっですけど、
熊本県のキャラクターですよ。

しっかりと熊本県・鞠智城のPRばしてきました。


1社目は、こちらです。▼
3
もしもーーーし。
ってちゃんと自分たちで名乗り、
4
こんな可愛いボードまで作って頂き、
暖かくお出迎えしていただきましたよ。

取材も受けて、
どんな記事になるのか、楽しみだコロ~♪

そしてー、2社目はこちら▼
5
ここでもー
みてください。

この人気っぷり。
6
皆さん、ころう君とくまモンに会えたことに
すっごく感激されていたんです。

私まで、そのこの歓喜に感動してしましました。
くー。(/_;)

そしてそして、3社目はこちら▼
8
ベストセラーズさんです。
しっかりところう君も説明ばしよらすですね。
facebookにもあげて頂き、ころう君大満足(^○^)えっへん。

10
ころう君、くまモンに読んで聞かせてあげよるとだろうね。
ふったとめ真剣でかわいかね♥


そしてそしてそして、最後の出版社はこちら▼
9
ほー手慣れたもんだね。

8
席に腰かけてから、ここでも真剣に語るころう君。

12
なんね、ころう君カメラみらんと、ちゃんと集中して
取材受けてよ!!(笑)


そして、無事暖かい4社の取材・撮影が終了致しました。

7月28日の鞠智城東京シンポジウムで今度はお会い出来たら
嬉しいです\(◎o◎)/!

本当にお忙しい中有難うございました(*^。^*)

では、

では
熊本に帰ります\(◎o◎)/!

シュワッチ

11





かなちゃん。


 戻る ホーム