トップページへリンク集サイトマップ

木簡日記

ホーム  >  木簡日記  >  菊池川流域プロジェクト

菊池川流域プロジェクト

2015年7月26日(日)


じゃーん
「進歩」






これだけの
大きな字を
描くのは
一苦労だコロ



1

ばーすっごー

ころう君、
達筆な字ば書ききるとたい。
\(◎o◎)/!


みなさんこんにちは。
ころう隊かなこです。

今回は、『菊池川流域プロジェクト』
に参加しております。








本当は・・・・

お外でのステージだったのですが
台風の影響のため、室内で。


自然はいつ、どんなことが起こるのか
想像つきませんよね・・・



そうだコロ。
自然には
逆らえないコロね。








うん、そうそう




そんな今回のイベントは
菊池川流域プロジェクトのひとつで
川や自然にもっと皆さんに興味を持ってもらおう!

ということで始められた
地元の高校生中心のイベントなんです。




さーみんなで
踊るコロよー


2


※あ、ちなみに
この「進歩」という字は高校生の皆さんが書かれたものです。











皆でころう君体操を踊ったあとは・・・・





これ する?
3


これって、ころう君、何もっとると?




これだよ、これ





ん?
竹、、、、とんぼ、、、?









そうだコロ
見ててコロよー


4

いくよー

それー!!






























5
ひゅるるるる~













あ・・・・・・




6



あ、背中が寂しそう・・・・


大丈夫。
落ち込まないでよ。
最初から出来るわけないよ。
何回か挑戦してみようよ、

ね、

ころう君!











ねえねえ
達人、
これどうやったら

うまく
飛ばせるかコロ?

7




うんうん、それが一番早いかもね







チック、
タック、
チック、
タック、







この後、猛練習を重ね・・・

いざ再挑戦です。







ふぅ~
緊張する~








あ、ころう君がもうちょっと時間かかりそうなので
ここで「なぜ竹とんぼを飛ばしたか」
をご説明いたします。


今回のこのプロジェクトのひとつには、
「竹林問題」があるそうです。

竹林問題ということで「竹」を使ったもので
皆さんに関心を持ってもらいたい、
という願いが込められているそうです。


実際に昨年度のプロジェクトでは
竜門ダムから竹を繋いでそうめん流しをされていました。



最近では、こういった自然のものを使った
遊びが減ってきていますよね。


お姉さん
準備出来たコロ





ということで、今回ころう君も
竹とんぼ飛ばしに参加したのです。



よーし、ころう君







よーし行くぞ~
みんな、
見てろよ~



8

いけ~!
















9

うおおおおおお

みなさん、みえますか?

ころう君のお口のとこらへんに
竹とんぼが飛んでいます!








おりゃ~

10

続いても\(◎o◎)/!


なんという成長っぷり


思わず、シャッターを切りまくってしまいました。




















11

なんという華麗な
竹とんぼさばき・・・・

うるうる・・・



へっ
ボクに
出来ないことは
ないんだコロ




悔しいけど、ほんなこつ。
あたは、何でん、よーでくるね。

高校生のみなさん、教えてくださった方々
ほんなこつありがとうございました☆




 戻る ホーム