総合トップへ

新幹線くまもと創り・新幹線元年戦略・くまもとサプライズ

   ホーム  >  新幹線くまもと創り・新幹線元年戦略・くまもとサプライズ

新幹線くまもと創り
 熊本県では、平成18年に「新幹線くまもと創りプロジェクト」を策定し、「交通体系の整備」「交流の促進」「農林水産業・商工業の振興」「住みやすい熊本の実現」の4つの分野の取り組みを進め、交流、定住、雇用につなげるため、県内各地で推進してきました。

新幹線元年戦略
 しかし、全線開通が間近に迫ってきたため、平成20年8月には、開業時点で効果を最大化させるため、平成23年を「新幹線元年」と位置づけ、新たに「新幹線元年戦略」を策定し、全線開業に焦点を絞った取り組みを重点的に推進しています。
 戦略1. 「新幹線開業を発射台に県民総参加で地域をつくる」
 戦略2. 「くまもとを知ってもらう」
 戦略3. 「くまもとに来て、楽しんで、また来てもらう」                詳しくはこちら     

                                       

くまもとサプライズ

 熊本県では、映画「おくりびと」の脚本家である本県天草市出身の小山薫堂氏を新幹線元年事業アドバイザーに迎え、平成23年3月の九州新幹線全線開業をきっかけとして、熊本に住む人、訪れる人が熊本を魅力的だと思ってもらえるよう、周りの人をわくわくどきどきさせ、ほのかな幸せな気持ちにする「くまもとサプライズ」に取り組んでいます。「くまモン」は、くまもとサプライズのキャラクターです。県内にとどまらず、関西や首都圏でも活動しています。

                                             詳しくはこちら

 

                         ←くまモンオフィシャルサイトはこちらから

 

全8件
 九州新幹線全線開業記念事業等の中止について (2011年3月16日更新)  
 東北地方太平洋沖地震の被災地への支援について (2011年3月17日更新)  
 九州新幹線全線開業記念事業等の中止・延期について (2011年3月11日更新)  
 新幹線元年戦略について (2011年2月18日更新)  
 くまもとサプライズ (2011年2月22日更新)  
 新幹線駅周辺整備 (2011年2月15日更新)  
 熊本駅周辺整備事務所ホームページ 新しいウィンドウで表示 (2010年12月9日更新)  
 九州新幹線のメリット (2011年2月16日更新)  
新しいウィンドウで表示 このマークがついている記事は新しいウィンドウで開きます 
 ホーム