もどる
身体障がい者に関する情報 > 手帳について

 身体障害者手帳の交付を受けるためには

 この手帳の交付を受けるためには、「身体障害者手帳交付申請書」に身体障害者福祉法第15条第1項に規定する指定医師の診断書、本人の写真を添えて、お住まいの市福祉事務所又は町村役場に提出してください。
  交付を受けた後に、住所や氏名が変わったときは変更届を、手帳を無くしたり破損したときや障害の程度が変わったとき、又は新たに別の障害が生じたときは再交付申請書を、それぞれ、お住まいの市福祉事務所又は町村役場に提出してください。

1 新規交付手続

   (1)窓口   市福祉事務所、町村役場障害福祉担当課
   (2)提出書類  交付申請書、指定医師の作成した診断書・意見書、
           写真1枚(縦4p×横3p)
     ※交付申請書、診断書・意見書、指定医師名簿については、市町村にあります。
      15歳未満の児童については、保護者が代わって申請します。
     ※熊本県内(熊本市を除く。)の指定医師名簿については、項目5の●参考資料●を御利用ください。

 身体障害者手帳交付の流れ

2 住所・氏名変更手続

   (1)窓口   市福祉事務所、町村役場障害福祉担当課
   (2)提出書類  居住地(氏名)変更届、身体障害者手帳
     ※居住地(氏名)変更届については、市町村にあります。
      変更後30日以内に届け出てください。
      手帳は、変更事項を市福祉事務所又は町村役場で記載後お返しします。

3 再交付手続

   ・障害の程度が変わった場合、新たに別の障害が生じた場合
   (1)窓口   市福祉事務所、町村役場障害福祉担当課
   (2)提出書類  再交付申請書、指定医師の作成した診断書・意見書、
           写真1枚(縦4p×横3p)、身体障害者手帳
     ※再交付申請書、診断書・意見書、指定医師名簿については、市町村にあります。
      15歳未満の児童については、保護者が代わって申請します。             
      手帳は、内容確認後、いったんお返しし、後日、新しい手帳の交付時に返還していただきます。
     ※熊本県内(熊本市を除く。)の指定医師名簿については、項目5の●参考資料●を御利用ください。

   ・手帳を紛失、破損した場合
   (1)窓口   市福祉事務所、町村役場障害福祉担当課
   (2)提出書類  再交付申請書、写真1枚(縦4p×横3p)、破損した身体障害者手帳
     ※再交付申請書ついては、市町村にあります。 
      破損した手帳は、内容確認後、いったんお返しし、後日、新しい手帳の交付時に返還していただきます。

4 手帳の返還手続

   (1)返還事由 
           [1] 手帳の交付を受けた方が死亡した場合
           [2] その障害程度が身体障害者障害程度等級に該当しなくなった場合
           [3] 再交付により新たに手帳を交付された場合
   (2)窓口   市福祉事務所、町村役場障害福祉担当課
   (3)提出書類 返還届、身体障害者手帳
     ※返還届については、市町村にあります。 
      手帳の交付を受けた方が死亡した場合は、家族の方が届け出てください。

5 指定医師

  熊本県内(熊本市を除く。)の指定医師については、次の●参考資料●のとおりです。
  熊本市内の医療機関に所属する医師については、熊本市役所にお問い合わせください。


参考資料 指定医師名簿
医師指定提出書類様式及び指定基準(H25.8.6改正)


参考資料 指定医師名簿(歯科)
医師の変動届・辞退届


参考資料 診断書・意見書を作成できる医師の診療科目


参考資料 指定医必携(早見表を除く)
指定医必携(早見表)



相談窓口: 市町村
根拠法令等: 身体障害者福祉法第15条

↑ページのトップへ
もどる
Copyright(C)kumamoto prefecture 2013. All rights reserved