特集記事

   ホーム  >  特集記事  >  一覧  >  (特集記事)多良木町の移住促進について

(特集記事)多良木町の移住促進について

最終更新日 [2013年6月21日]  

◎多良木町(たらぎまち)はこんなところです!

熊本県の南部、球磨郡の東部に位置する多良木町は、面積の約80%が山林原野で、九州山脈の支脈を形成する森林におおわれた農山村の町です。

 水上村北部に源をなす日本三急流の一つ球磨川の恵みにより、上質な農作物が生産されています。

また、数多くの歴史遺産が残されており、「文化財の宝庫」といわれています。自然豊かな「多良木町」で、スローライフを愉しみませんか?

  •  

◎多良木町での暮らし

○生活交通環境

・主な交通手段は車ですが、バスや鉄道、乗合タクシーを利用することができます。

 

○買い物環境

・農家直売所の「えびす物産館」や町の駅「ゑびす畑」をはじめ、町内全域に大小さまざまなスーパーがあり、不便を感じることはありません。

 

○医療環境

・町内には球磨郡公立多良木病院をはじめ、多くの医療施設が集積しており、充実した医療環境が整っています。

 

○情報環境

・平成25年8月から(槻木地区は平成26年度から)町内全域でNTTのフレッツ光が利用できます。また、携帯電話も全域で利用できます(山間部の一部で通じにくいところがあります)。

 

○子育て・教育環境

・新生児から中学生までの医療費(自己負担分)を助成しているほか、病児・病後児保育の充実や定住して3年以上の方を対象に出生祝い金(10万円)を支給する等、子育てしやすい環境が整っています。また、教育施設も充実しており、一般的に、高校までは人吉球磨地域の学校に通っています。

 

 

◎多良木町のここがオススメ

○妙見野自然の森展望公園

・絆の丘・結の鐘(ゆいのかね)・・・素晴らしい眺めの中で鐘を鳴らせば、絆が深まりそうです。

・パラグライダー・・・スカイスポーツの発信基地として毎年大会も開催しています。

          結の鐘

 

 

○ブルートレインたらぎ

・寝台特急「はやぶさ」(東京―熊本)の車両をJR九州から購入し、簡易宿泊施設(個室有り)として復活。現役当時の風合いを残す、懐かしい寝台車の雰囲気が味わえます。

         ブルートレインたらぎ

 

○千年の目覚め 平成悠久石

・土砂の中から突如出現した丸い岩。直径140cm、重さ4トンあります。自然に作られた神秘的なこの岩を触るとご利益があるとして人気です。

 

○グリーンツーリズム

・農家レストラン「槻木の味どころ まなびや」・・・休校中の小学校を利用したレストラン。鹿や猪などのお肉をはじめ、地元産の旬の食材が食べられます。

・農家民宿(3軒)・・・あたたかい農家の生活が体験できます。

・農林業体験・・・豊かな自然を感じながら、心がつながりあえる活動が体験できます。

         グリーンツーリズム

 

 

○多良木町の“焼酎”

・町内には7つの蔵元があり、それぞれにこだわった個性的な焼酎を造り出しています。

・町内7蔵元による焼酎の利き酒イベントも毎年1月に開催しています。

 

 

 

 

◎移住定住の情報

○空き家情報の充実

町内に点在する空き家・空き地情報を町のホームページで公開しています。

http://www.town.taragi.lg.jp/q/aview/148/3270.html

http://www.town.taragi.lg.jp/q/aview/148/1980.html

 

○無料職業紹介事業

 地元の事業所が求める人材や、多良木町に居住の方、移住・定住のための就職を希望する方を対象に、求人・求職の紹介・あっせんを行っています。

   http://www.town.taragi.lg.jp/q/aview/51/3143.html

 

            梨の収穫              

 

            くま川鉄道

 

      多目的ホールの交流館「石倉」      

 

 

          えびす祭り御輿

 

 

 

お問い合わせは、多良木町役場(熊本県球磨郡多良木町多良木1648)、

またはホームページhttp://www.town.taragi.lg.jp/まで。

 

この情報に関するお問い合わせは
多良木町 企画観光課
電話:0966-42-1257
kikaku@town.taragi.lg.jp 新しいウィンドウで表示
新しいウィンドウで表示 このマークがついている記事は新しいウィンドウで開きます 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム