特集記事

   ホーム  >  特集記事  >  一覧  >  (特集記事)九州のへそ、山都町(やまとちょう)で暮らす!

(特集記事)九州のへそ、山都町(やまとちょう)で暮らす!

最終更新日 [2013年8月2日]  

■山都町はこんなところ!

 熊本県の東部、九州のほぼ中央に位置する山都町は、阿蘇南外輪山から九州山地の脊梁までを圏域とする自然豊かな地域です。

標高300m900mに位置し、夏は涼しい反面、冬は寒さが厳しい準高冷地で、これらの気候や環境などの特性を活かした農業が盛んに行われており、特に有機栽培生産者が多く、有機農業発祥の地とも言われています。

「自然に感謝し、お互いが支え合いひとり一人を大切にする」という心豊かな地域社会を築いています。

          [山都町・菅棚田の風景(棚田百選)]

 

■山都町の情報

【面      積】   544.83k㎡(熊本県内自治体で3番目に広い町)

【人      口】   15,877人(平成2561日現在)

【世     帯  数】   5,865世帯(平成2561日現在)

【年間平均気温】   13.2℃

【ア ク  セ  ス】   阿蘇くまもと空港から約 35km(車で約50分)

              熊本駅から約42キロ(車で約60分)

              九州自動車道「松橋」ICから約34km(車で約50分)

               九州自動車道「御船」ICから約31km(車で約45分)

 

[山都町アクセスマップ]

 

■山都町での暮らし

○生活交通環境

   町内の幹線道路を民間路線バスが、中心部と集落間を町営バスが運行しています。ただし、町営バスは高齢者等交通弱者向けのダイヤとなっているため、主な交通手段は自家用車となります。なお、鉄道はありません。

○買い物環境

   日用品は、町内の商店街やスーパーで揃います。郡内や近隣市町(熊本市近郊等)に複数のショッピングモール等があります。(45分~1時間30分程度の範囲) 

○医療環境

   総合病院のほか、複数の医療施設があります。また、小児科のある病院はありますが、産科のある病院はありません。(ただし、1時間圏内に多数の産科医があります。) 

○情報環境

   一部地域を除きADSLを利用することができます(光通信は未整備)。また、携帯電話は概ね全域で利用できますが、一部のキャリアが通じにくい地域もあります。

○子育て・教育環境

   新生児から15歳の年度末までの医療費助成を行っており、ほとんど自己負担はありません。また、小・中学校への通学が遠距離となる児童生徒はスクールバスが利用でき、または通学に要する費用(自転車購入等)の助成も行っています。

 《町内の子育て・教育機関》

 〔保育園〕   15園(町立9園、私立4園、へきち保育所2園)

 〔小学校〕   7校(町立)

 〔中学校〕   3校(町立)

 〔高等学校〕  1校(県立)

 

 

■主な定住支援制度

○短期滞在施設の貸し出し

   町外から山都町への移住を希望・検討する方が、本町への移住に向けて必要な調査や準備を行ったり、町民や町内集落との交流を実施する間に滞在することができる施設として貸し出します。

   施設の概要や申請方法など詳しい情報は、こちらをご覧下さい。

○定住支援員による移住相談

  本町の状況説明や情報提供のサポートを行う専門スタッフを置いており、移住に関するサポートを行っています。

○空き家情報の提供

売却または賃貸可能な家屋の情報も順次整理しており、希望者にはその情報も提供しています。

○移住者の交流支援

   移住者同士の交流・繋がりができるように、交流会の企画、支援をしています。既に移住された方の紹介も可能で、お話を聞くこともできます。事前に、町や移住実践者にぜひご相談ください。

 

 

☆山都町オススメ情報☆

  山都町の自然、風土、歴史、街並みなど、山都町のことを知っていただくために、まずは、ぜひ山都町へ遊びに来てください!

山都町のオススメ情報はこちら!

 

【イベント情報】

「火伏地蔵祭(ひぶせじぞうまつり)」

 

  期日:平成25年8月24日(土)~25日(日)

場所:山都町馬見原商店街一帯
内容:馬見原(まみはら)地区で奉納さ
れる「造り物」や勇壮な「裸みこし」で知られるお祭り。

   ※詳しい内容は、チラシをご覧ください!↓↓
   添付資料 火伏地蔵祭チラシ 新しいウィンドウで表示(PDF:1メガバイト)

 

「矢部の八朔祭(はっさくまつり)」

  

  期日:平成25年9月7日(土)~8日(日)

  場所:山都町浜町商店街一帯

  内容:田の神に感謝し、収穫の目安を立てる八朔(旧暦8月1日)の日に、

      豊作祈願と商売繁盛を願い、250年以上も続けられている祭りです。

      高さ4m上の「大造り物」もあり、町内を引き廻される姿は圧巻!!  

  ※詳しい内容は、チラシをご覧ください!↓↓

  添付資料 八朔祭チラシ 新しいウィンドウで表示(PDF:3.05メガバイト)

 

「清和文楽の里まつり」

  

  期日:平成25年9月15日(日)

  場所:道の駅「清和文楽邑」

 内容:清和文楽公演をはじめ、山都町特産物品評会と即売会、地元特産品バザーなど、

    楽しいおいしいイベントが予定されています。 

【史跡・文化】

「通潤橋(つうじゅんきょう)」

  

   国指定重要文化財。江戸時代、水の便が

   く水不足に悩んでいた白糸台地に住む

   を救うために建設された日本最大級の石

   りアーチ水路橋。

   今でも、周辺の田畑を潤しています。

 

「清和文楽(せいわぶんらく)」

 文楽とは、人形と浄瑠璃を組み合わせたお芝居のこと。

 清和文楽は、清和地区で郷土芸能として受け継がれて

 る農村芸能です。 三人の遣い手が三味線の調べに

 合せ、人形を操ります。

 

※公演等の情報は、清和文楽館HP

 

 

「馬見原(まみはら)の町並み」

   

    日向往還(ひゅうがおうかん)の宿場町として、往

    時の並みや景観、賑わいを取り戻そうと、各商

    店主が修景事業や街づくりに取り組んでいます。

    平成19年度には、「第21回くまもと景観賞」の大賞

    を受賞しました。

 

 

上記の他にも、山都町の楽しい情報をたくさんお知らせしています!

◆山都町ホームページ「観光ナビ」(http://www.town.kumamoto-yamato.lg.jp/kanko/

 ◆山都町観光協会   (http://yamato-tour.org/

 

この情報に関するお問い合わせは
企画振興課 振興係
電話:0967-73-0410
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム