特集記事

   ホーム  >  特集記事  >  一覧  >  (特集記事)益城町はこんなところ!

(特集記事)益城町はこんなところ!

最終更新日 [2013年8月30日]  

○益城町はこんなところ

 

 益城町は熊本県のほぼ中央北寄りに在り、県庁所在地の熊本市の東隣りに接しています。町内には、高速道路のIC、空の玄関口である阿蘇くまもと空港を有しています。町の東部から南部にかけて九州山地系に属する四峯が連なり、平地には田園風景が広がっており、四季折々の景色で目を楽しませてくれます。都市部では、日常生活品を購入できるスーパーや、飲食店もあり、非常に住みやすい、都市と自然が調和するまちです。

面     積

65.67k

年間平均気温

16.7℃

年間降水量

2209.5mm

特  産  品

太秋柿、スイカ、市だご、いきなり団子、米

 

 

○まちの各種環境

■生活交通環境

主な移動手段は、車と路線バスです。路線バスは、町の基幹道路を走っており、熊本市中心部へ結んでいます。

 

■買い物環境

市街地にはスーパーや農産物の直売所があり、日常生活品はほぼ揃います。また、車で20分圏内の隣接市町には大規模商業施設があります。

 

■医療環境

町内には、多くの医療機関が集積しており、充実した医療環境が整っています。また、車で10分圏内の熊本市には、総合病院があります。

 

■情報環境

一部の山間部を除き、町内でのブロードバンド環境は整っております。また、携帯電話も全域で利用できます(山間部の一部で通じにくいところがあります)。

 

■子育て・教育環境

中学3年生までの医療費は無料で、病児・病後児保育事業などの子育て支援策があります。また、一定規模以上の小中学校1年生クラスへは、補助教員を派遣するなど教育支援制度が充実しています。

 

○定住促進制度

■定住促進補助金制度

町が指定する区域に一戸建て住宅を新築又は購入して、その住宅に居住した人(中学生以下のお子さんと同居が必要)に100万円を助成しています。

また、上記に加え、下記の加算金も助成しています。

◆小学生1人当たり  20万円  ◆中学生1人当たり 5万円

◆未就学児1人当たり 10万円

 

■賃貸住宅家賃助成金制度

町が指定する区域内の賃貸住宅に入居している方で、小学生・中学生と同居している扶養親族に対して、下記の助成金を支給しています。

◆小学生1人当たり 月額2万円(2人目以降:月額1万円)

◆中学生1人当たり 月額1万円(2人目以降:月額5千円)

 上限額:実質家賃の2分の1(実質家賃=家賃―住宅手当等)

 

○「良いんです、ましきまち。」

水が、良いんです。

 水源は100%地下水(深井戸)を利用しているため、水質は大変良好な状態です。

(写真は潮井水源) 

 

■みどりが、良いんです。

町南部に広がる「田園風景」や飯田山・船野山などの「里山」が住宅地と隣接しており、子育てには最適です。

(写真は飯田山周辺)

 

■交通アクセスが、良いんです。

町内の中心部を東西に貫く主要幹線道路にバスが走っており、約30分で熊本市中心部に行くことが出来、通勤や通学にとても便利です。

 さらに、町内に空の玄関口である「阿蘇くまもと空港」や陸の玄関口である「益城熊本空港IC」があり、県外への交通アクセスも充実しています。

(写真は益城町東部から熊本市を臨む)

 

益城町の暮らしやすさを分かりやすくご紹介するパンフレットを公開しています。

益城町にお住まいをお考えの皆様に対して、わかりやすく情報提供することを目的として、「益城町の良いところ」をまとめました。参考にしていただければ幸いです。是非、一度ご覧ください。

 

この情報に関するお問い合わせは
益城町 企画財政課
電話:096-286-3111
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム