特集記事

   ホーム  >  特集記事  >  一覧  >  (特集記事)阿蘇市‐緑いきづく火の神の里‐

(特集記事)阿蘇市‐緑いきづく火の神の里‐

最終更新日 [2013年10月11日]  

・阿蘇市はこんなところ

 本市は、熊本県の北東、九州のほぼ中央に位置しています。阿蘇五岳を中心とする世界最大級のカルデラ地形に代表される自然や文化は貴重な特徴を有しており、世界ジオパーク、世界文化遺産への登録を目指しています。

牛馬の放牧、野焼き等を通じて維持されてきた広大な草原や豊富な水資源などの優れた自然環境は国連の世界農業遺産に認定されており、温泉・伝統芸能など魅力ある地域資源も多様です。

【 面 積 】376.25平方km

【 人 口 】28,241人(平成25831日現在)

平均気温12.9

【年間降水量】2,831.6mm

 

・生活交通環境

 市内にはJR豊肥本線の駅が8駅あり、主な交通手段は自家用車となります。

 波野地区では無料の福祉バス、その他の地域では路線バスと乗合タクシーが利用できます。

 

・買い物環境

 食料品や生活雑貨については市内スーパーやドラッグストアを利用する人が多いですが、その他の買い物については、住民の交通手段の大半が自家用車であるため、隣接市町村の大型ショッピングモールまで行くことが多いようです。

 

・医療環境

 平成25年度に移転・開院する病院を含め、市内には2つの総合病院があり、充実した医療環境が整っています。

 

・情報環境

 市内全世帯で高速光インターネット接続サービスが利用可能です。IP告知端末による行政情報やイベント情報等さまざまな情報を提供しています。

 

・子育て・教育環境

 乳幼児から中学生までの医療費を助成しているほか、第3子以降3歳未満の児童の養育者に対し育児手当を支給しています。

 教育環境については、市内の高校へ進学する割合は50%です。

 

・イベント情報

「火振り神事」

 3月中旬、阿蘇神社で行われる阿蘇地方の五穀豊穣を祈る田作り祭。農業神が姫神をめとる「御前迎え」の儀式で、御神体を迎えるため、縄の先の芽束に火をつけて振り回す様子は火の輪が幾重にも重なり合って美しく幻想的です。

 

「神楽フェスティバル」

 10月上旬には神楽苑(道の駅「波野」)で神楽が1日中堪能できます。阿蘇をはじめ県内外の神楽保存会の公演が行われます。

 

 

「大阿蘇元気ウォーク」

 阿蘇市の美しく雄大な自然をゆったりと歩く「大阿蘇元気ウォーク」を開催しています。

コース上でのスイーツや野菜丸かじりなどグルメも満喫できます。

 

この情報に関するお問い合わせは
観光まちづくり課
電話:0967-22-3174
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム