特集記事

   ホーム  >  特集記事  >  一覧  >  (特集記事)「住んでわかった、玉名のヨカトコロ(良い処)」(玉名市)

(特集記事)「住んでわかった、玉名のヨカトコロ(良い処)」(玉名市)

最終更新日 [2013年12月6日]  

 

「お気に入りの場所が見つかりました」 玉名市岱明町在住 森川さんご夫婦

 定住促進補助金を利用させてもらっています。隣の福岡県からこちらの玉名市(岱明町)に引っ越してきました。通勤は30分程かかりますが今でも頑張って通勤しています。玉名での暮らしに特に不自由はないと思います。特に牧場などこちらにしかないお店もありますので新鮮味があると思います。ペットがいるので休みのときは一緒に蛇ヶ谷公園に来るのが最近のお気に入りの一つです。

 

 

「新幹線通勤で生活にメリハリが出ました」 玉名市岩崎在住 村上さん

 福岡まで新幹線で通勤しておりまして、40分で博多駅に着き、その後大方20分で事務所まで着きます。時間通りの生活が出来るようになったのが健康的でいいんじゃないかと思います。毎晩玉名温泉に入ることができ、非常に快適な時間を過ごせるのが一番うれしいですね。

 

 

「ぼちぼち玉名ライフ、を楽しんでいます」 玉名市石貫在住 水流さんご夫婦

 九州に移住を考えており、あちこち旅をしていたところ、玉名でお家を貸してくれる方と出会って、「住みなっせ」ということで住むことにしました。

住んでみて、お米を自分たちで作ることになったことが一番変わりましたね。あと、皆さんがよく「ぼちぼち」と言われるんですね。神奈川では使わなかったので、「ぼちぼち」ライフスタイルみたいなものが僕の中で芽生えてきまして、スローになった気がしますね。

 

 

「景色がよく、リラックスできるところです」 玉名市天水町在住 坂門さん

 元々高校時代まで天水町におりまして、ある程度の年齢になったら自分で好きなことをやってみたいという思いがあり、おそば屋さんを開店しました。天水町を離れてからも子どもと一緒に1,2年に1回みかん狩りに来るなど割とこの地に来ており、いつの間にかこの地に魅了されて何かをしたいという気持ちが芽生えてそれを実際に実現した形になります。

玉名で暮らし始めて気持ちが豊かになると言いますか、本当にリラックスできるようになりました。本当に心落ち着きますね。星がきれいだなとか、空気がおいしいなとか、この景観が天水ってこんなにいい所だったかなと今更ながら感じるのが、正直な気持ちです。

 

 

(お知らせ)

「玉名暮らし本作成!」

この度、暮らしの情報についてまとめた定住促進パンフレット「玉名暮らし本」を作成しました。移住者へのインタビュー、地域活動に取り組む「玉名の元気モン!」へのインタビュー、暮らしのサポート情報等を掲載しています。パンフレットの送付を希望される方は下記までご連絡ください。

 

 

「玉水ニュータウン分譲情報」

玉名市天水町では「みかんと草枕の里」として地域づくりに取り組んでおり、風光明媚な土地として知られています。玉名市街地、また熊本市街地にも近く、利便性のよい場所となっています。

分譲地は東側に天水町特産のみかん畑が広がっており素晴らしいロケーションを望むことができます。各分譲地の敷地面積も300500平方メートルとガーデニングや家庭菜園を楽しむことができるゆっくりとした広さを確保しています。全29区画の内、残り1区画となっております。気軽にお問い合わせください。

 

玉名市UJIターンポータルサイトはこちら

 

この情報に関するお問い合わせは
玉名市 企画経営課 地域振興係
電話:0968-75-1421


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム