お知らせ

   ホーム  >  お知らせ  >  癒しの里きくち移住就農セミナー開催します

癒しの里きくち移住就農セミナー開催します

最終更新日 [2017年10月17日]  

 

 

 

熊本県菊池市では、平成274月に集落・定住支援室を開設し、25世帯62名の移住サポートを行っています。


本市は、豊かな自然環境を活かし、「米」「メロン」「ごぼう」「しいたけ」「くり」「牛肉」「ヤーコン」「菊芋」など農林畜産業が盛んな地域で、西日本有数の酪農地帯でもあります。しかし、近年は酪農に限らず農業全般において、担い手不足が深刻な問題となっています。


今回のセミナーでは、地元酪農家の方が本市の酪農経営の現状を伝えるとともに、後継者を探す、いわゆる事業承継を実施するための「キックオフ・マッチング(個別面談)」を計画しました。


また、地域おこし協力隊の2年半の活動発表会や菊池の農業をテーマに、都市圏に住む移住希望者や就農希望者を対象にお話しします。


たくさんのお越しをお待ちしています。

                   

<日時>

平成29年11月10日(金)18時から21時まで


<場所>

ふるさと回帰支援センター(東京都千代田区交通会館8Fセミナールーム)


<参加団体等>

菊池市・JA菊池・酪農家・先輩移住者・地域おこし協力隊2名(移住定住コンシェルジュ)


<参加者紹介>

地域おこし協力隊

3年目の地域おこし協力隊が、これまでの「癒しの里きくち」での活動報告をします。

村上貴志(40歳)

コメント:大阪から菊池へ移住し約2年半の間、活動してきたことや感じたことをお話しします!

鈴木良和(39歳)

コメント:菊池市地域おこし協力隊の鈴木です。菊池市に来て今年で3年目!余所者目線で感じた魅力を皆さんにお伝えします!


酪農家

村上久幸さん(酪農牛頭数160頭飼養)「酪農経営について」

菊池市で酪農を経営している村上さんが本市の酪農業の現状をお伝えし、面談に対応します(要予約)。


先輩移住者

前島都さん

2年前に神奈川から熊本へUターンし、現在は、菊池市認定農家である「荒木いちご農園」で、経営の一員として日々奮闘中。


JA菊池農家支援隊

農家支援隊募集について説明します。

 

<当日タイムスケジュール>

1110日(金

18時~個別面談(予約制にて対応)


1830分 セミナー開催 

・菊池市の紹介

・地域おこし協力隊発表  

・JA菊池酪農課 農家支援隊PR  

・酪農家と先輩移住者のトーク形式 テーマ「農業と移住者について」

  

2030分:終了

 

<申し込み・問い合わせ先>

熊本県菊池市役所政策企画部企画振興課集落・定住支援室


TEL0968-25-7250 E-Mailkikaku@city.kikuchi.lg.jp


農家とのキックオフ・マッチング(個別面談)を予約される場合は、下記事項に従って申し込みください。

 

・本市の空き家・空き地情報利用登録をお願いします。

・志望・就農動機を200文字以内(任意様式)で記入し、メールで申込みをお願いします。


詳しくは本市ホームページをご確認下さい。

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 ホーム