地域及び市町村情報

   ホーム  >  地域及び市町村情報  >  熊本市の詳細情報

 


熊本市の詳細情報

最終更新日 [2011年12月6日]  

移住・定住支援

UJIターン
熊本市   

  熊本市は、肥後54万石の熊本城の城下町として歴史や文化に富み、「森の都」としての市街地の豊かな緑や、人口約73万人のすべての生活水を阿蘇外輪山に育まれた清冽な地下水で賄うなど、豊かな自然に恵まれています。

 また、市民一人あたりの医師数が多いことや救急医療の充実など、医療環境に恵まれているとともに、大学等の高等教育機関が集積しており、暮らしやすい都市です。

 さらに、平成23年3月の九州新幹線開業、平成24年4月の政令指定都市への移行を控え、暮らしやすさにさらに磨きをかけて、日本一暮らしやすい政令市をめざすとともに、九州中央の交流拠点都市として国内外から選ばれる都市となることをめざしています。

 
問い合わせ窓口

担当部署

観光文化交流局

           シティプロモーション課

所在地

熊本県熊本市手取本町1‐1

電話番号

096‐328‐2072

Eメール

citypromotion@city.kumamoto.lg.jp

担当窓口URL

http://wakuwaku-kumamoto.com/

担当者からのメッセージ

73万人の全市民の水道水源を地下水で賄う「日本一の地下水都市」です。豊かな地下水から育まれた農産物はおいしいですよ!!

熊本城に、観光交流施設、歴史体験施設、飲食物販施設などを備えた「桜の馬場 城彩苑」が、平成23年3月5日にオープンしました!

また、平成23年10月1日には熊本駅前に観光・郷土情報がわかったり、図書館やビジネス支援センター、ホールなどを備えた「くまもと森都心プラザ」がオープンし、九州中央に位置する拠点性がさらに向上しました。

http://wakuwaku-kumamoto.com/(「わくわく都市くまもと」熊本シティブランド公式サイト)

交通アクセス
【鉄道によるアクセス】
・JR熊本駅~ 市電またはバスで約10分
【飛行機によるアクセス】
・阿蘇くまもと空港~ バスで約40分
【船によるアクセス】
・熊本港~ バスで約30分
 

 

移住・定住支援制度

子育て支援  

・病児・病後児保育事業

病気または病気回復期にある小学校3年生までの児童について、保護者が家庭で保育を行うことができないときに、一時的に施設で保育する制度です。市内6箇所の施設で利用できます。

 

※その他、熊本市では様々な子育て支援に関する取り組みを行っています。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

住宅支援
 

・転入者への「うぇるかむパスポート」配付事業

転入者の方に熊本市の歴史、文化施設等を無料で利用できる優待券を配付します。
(対象施設)熊本城など17施設
(有効期間)転入から1年間

就労・就農支援  

・新規就農支援研修事業

農業にチャレンジしたいと希望する方に対して、実践的な農業研修を実施し、地域農業の新たな担い手となる人材を育成します。

くらし・安全

学校・教育施設  

保育園:公立23園、私立129園

幼稚園:公立9園、私立49園

小学校:公立93校

中学校:公立43校、私立7校

高等学校:(市内)公立13校、私立15校、(学区内)公立19校、私立15校    

病院・介護施設  

病院:96施設、診療所:615施設、歯科診療所:380施設

特別養護老人ホーム:31施設、老人保健施設:26施設、療養型医療施設:41施設

その他

その他の施策  

・優待証交付事業

市内のバス、電車を高齢者、被爆者の方は2割、障がい者の方は1割の運賃負担で利用ができます。また、市施設等を無料又は減免料金で利用できます。

 

・鹿児島市・熊本市・福岡市交流連携協定に基づく事業

交流連携協定を締結している鹿児島市、福岡市、熊本市の美術館、博物館、水族館、動物園等については、各市の市民を対象とした割引料金を三市の市民にも適用して利用できます。

 

・外国籍市民のための行政ガイドブック

熊本市にお住まいの外国人の方々に、熊本市で生活をするための行政情報を多言語(英語・中国語・韓国語)で提供するために行政ガイドブックを作成しています。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム