地域及び市町村情報

   ホーム  >  地域及び市町村情報  >  阿蘇市の詳細情報

 


阿蘇市の詳細情報

最終更新日 [2011年3月8日]  

阿蘇市   
阿蘇市
 本市は、阿蘇五岳を中心とする世界最大級のカルデラ地形で知られる阿蘇くじゅう国立公園内に位置し、牛馬の放牧、採草、野焼き等を通じて維持されてきた広大な草原、美しい田園風景、豊富な水資源など風光明媚で優れた自然環境を有しています。また、全国屈指の観光地として、自然環境だけにとどまらず、温泉・伝統・芸能など魅力ある多様な地域資源を豊富に抱えており、これらの恵まれた豊かな環境の中で、地元の温かい人たちと触れ合いながら、ゆっくりのんびりとスローライフを過ごしてみませんか。さらに、阿蘇地域の自然や文化は貴重な特徴を有しており世界ジオパーク、そして世界遺産への登録を目指しています。住んで良し、訪ねて良しの阿蘇市へどうぞお気軽にお越しください。
 
問い合わせ窓口

担当部署

総務部企画振興課

所在地

熊本県阿蘇市一の宮町宮地504番地1

電話番号

0967‐22‐3111(内線254)

Eメール

kikaku@city.aso.lg.jp 

担当窓口URL

 

担当者からのメッセージ
交通アクセス
【鉄道によるアクセス】
・JR熊本駅 ~ (豊肥本線) ~ JR宮地駅 ~ 産交バスにて約5分
【飛行機によるアクセス】
・阿蘇くまもと空港 ~ タクシー40分
【自動車によるアクセス】

移住・定住支援

UJIターン相談窓口  

阿蘇市役所 総務部企画振興課

(ホームページやふるさと便で情報提供を行っている)

移住・定住支援制度

結婚祝い金  
子育て支援  

・ 育児手当

市が児童の育成に対し、第3子以上の児童を養育する者に支給するもので、市の活性化と児童の健全な育成に寄与することを目的としている。出生の翌月から満3歳に至る月までで、月2万円の支給を行う。

 

・延長保育事業

保護者の就労形態の多様化等に伴う、保育時間の延長に対する需要に対応するため、11時間の開所時間後に、さらに概ね1時間の延長保育を行う。

 

・土曜一日保育

保護者の就労形態の多様化に伴う土曜の午後からの保育需要に対応するため、午後5時まで児童を保育する。

 

このほかにも、乳幼児・児童医療費助成制度、多子世帯子育て支援事業、

一時預り事業などの支援事業を行っている。

住宅支援
 

・公営住宅事業

家賃が高いため住生活に困窮する低額所得者に対して、健康で文化的な生活を営むに足りる住宅を整備し、低廉な家賃で賃貸をすることにより、生活安定と社会福祉増進に寄与することを目的としている。

 

・特定公共賃貸住宅事業

特定公共賃貸住宅は、一般の公営住宅とは異なり、中堅所得者の入居を目的とした住宅事業である。

就労・就農支援  

・商店街活性化事業(空屋対策事業)

商工観光振興の推進の一環として実施される事業であり、商店街の活性化及び、新規出店者支援のため、商店街の空き店舗を利用して新たに出店する事業者に対して補助金を交付する。

体験サポート

長期滞在  
体験モニターツアー  

くらし・安全

学校・教育施設  

保育園:公立8園、私立4園

幼稚園:私立2園

小学校:公立11校

中学校:公立4校

高等学校:(市内)公立1校  (学区内)公立2校

 

奨学金や入学祝金の制度があります。

病院・介護施設  

内科:7施設、小児科:1施設、外科:1施設、歯科:10施設、その他:5施設、総合病院:2施設

 

特別養護老人ホーム:あそん里、みやま荘

老人保健施設:愛ライフ、グリーンヒル

療養型医療施設:大阿蘇病院、市原胃腸科外科委員、小野主生医院

その他

その他の施策  

・予約制乗合タクシー

事前予約制による乗合タクシーを運行。

 

・妊婦健康健診の公費負担

妊婦健康診査の費用について、妊娠中は概ね14回の健康診査が必要である。その14回の妊婦健診費用を公費負担とする。

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム