熊本県の紹介

   ホーム  >  熊本県の紹介 [ 熊本県の概要 ]
 熊本県の概要 熊本へのアクセス

熊本県の地勢

熊本県は、九州地方のほぼ中央に位置し、飛行機で東京から1時間35分(1,072キロメートル) 、ソウルから1時間25分(631キロメートル)のところにあります。人口は約181万、面積が約7,405平方キロメートルあり、県土の約6割が森林です。

北部は比較的緩やかな山地、東から南にかけては標高1,000メートル級の山々に囲まれており、その随所に深い谷があり、見事な渓谷美を見せています。西部は有明海、八代海に面し、外洋の東シナ海に続いています。
 
世界に誇るカルデラを持つ雄大な阿蘇を含む「阿蘇くじゅう国立公園」、大小120 の島々からなる「雲仙天草国立公園」と2つの国立公園を持ち、山あり海ありの、美しい景観に富んだ地形になっています。
 

      

 

熊本県の気候

気候は概して温暖で、草沿岸部は珊瑚礁の最北限になっています。
熊本市周辺は内陸性気候を示し寒暑の差が大きいのが特徴です。盛夏は35度以上になる日も珍しくなく、深夜まで高温が続くのに対し、厳冬の最低気温はしばしば氷点下を示すこともあります。また梅雨後期には高温多湿の南西気流と地形の影響からしばしば集中的な大雨となります。


熊本県の自然

熊本は水の豊富なところ。環境庁選定の「名水百選」に県内から4ヵ所(白川水源、池山水源、菊池水源、轟水源)も選ばれています。人口65万の熊本市の上水道を流れる水も、ほぼ100%地下水でまかなわれています。これは全国でも非常に珍しいケースです。

                        

熊本県の歴史・文化

    熊本城を築造した加藤清正は、関ヶ原の戦いで滅んだ小西氏のあとを受けて肥後を統一。領内では土木・治水工事を手掛けるなど多くの業績を残しました。
    寛永9(1632)年、加藤氏の後を受けて肥後に入国した細川氏は明治維新まで肥後54万石を治め、茶道の肥後古流、能の喜多流と金春流、門外不出の肥後六花、相撲の吉田司家、肥後象嵌などの文化育成に力を注ぎました。また、3代細川忠利の招きで熊本にやってきた剣豪宮本武蔵は、晩年を熊本で過ごし「五輪書」を著しています。

 

            

 

県内各地域の紹介

熊本地域

  熊本地域は、熊本県の西北部に位置し、熊本県最大の都市、熊本市です。気候は、寒暖の差が大きく、冬から春への移り変わりは早く、夏は比較的長いことが多いようです。「森と水の都」として、豊かな緑と市民の生活水を地下水で賄うなど自然に恵まれています。
 

宇城(うき)地域

  宇城地域は、熊本県の中央に位置し、宇土市、宇城市、美里町の3市町で構成されています。国道や鉄道が走り、九州自動車道ICもあり、交通の利便性の高い地域です。有明海、八代海(不知火海)に面し温暖な気候です。デコポンやトマト、アサリ、コウイカなどの農水産物の生産が盛んです。
 

玉名(たまな)地域

 玉名地域は、熊本県の北西部に位置し、荒尾市、玉名市、玉東町、和水町、南関町、長洲町の2市4町で構成されています。有明海や菊池川、小岱山といった豊かな自然に恵まれた地域です。熊本都市圏と福岡都市圏の中間に位置し、九州新幹線全線開業に伴い新玉名駅が開業するなど、ますます利便性が向上する地域です。

 

鹿本(かもと)地域

  鹿本地域は、熊本県の北部に位置し、山鹿市1市で構成されています。南部は、菊池川が流れ、肥沃な平坦地に田園地帯が広がります。山鹿灯籠をはじめとする伝統に育まれた文化が息づいています。

 

菊池(きくち)地域

 菊池地域は熊本県の北東部に位置し、菊池市、合志市、大津町、菊陽町の2市2町で構成されています。豊かな自然を生かした農業が盛んな一方、輸送用機器や半導体関連企業の集積が進むなど、就労・雇用の場が広がっています。また、大規模な住宅団地の整備や大型商業施設の進出により、生活の利便性も向上しています。

 

阿蘇(あそ)地域

阿蘇地域は、熊本県の北東部に位置し、阿蘇市、南小国町、小国町、産山村、高森町、南阿蘇村、西原村の1市3町3村で構成されています。世界有数のカルデラの中に、標高400~800メートルの高原が広がっています。

 
上益城(かみましき)地域

 上益城地域は、熊本県の東部に位置し、御船町、嘉島町、益城町、甲佐町、山都町の5町で構成されています。都市近郊では、人口が増加し、商工業施設が立地する平坦部から農林業を主産業とし、「清和文楽・神楽」などの伝統文化が息づく山間部までの変化に富んだ地域です。

 上益城の最新情報はこちらのブログで。上益城の“おいしい!楽しい!”をゆる~く紹介しています!  

     

八代(やつしろ)地域

 八代地域は、熊本県の西南部に位置し、八代市と氷川町の1市1町で構成されています。不知火海に面した西部の平坦地は、全国有数の農業地域であり、県下有数の工業都市です。また、東部は山間部で、豊かな自然に恵まれた五家荘があります。

 

芦北(あしきた)地域

 芦北地域は、熊本県の南部に位置し、水俣市、芦北町、津奈木町の1市2町で構成されています。不知火海に面したリアス式の美しい海岸線。海岸線に隣接する山々では、特産の「デコポン・甘夏」が栽培されています。海、山、温泉と豊かな自然があります。

 

球磨(くま)地域

 球磨地域は、熊本県の南東部に位置し、人吉市、錦町、あさぎり町、多良木町、湯前町、水上村、相良村、五木村、山江村、球磨村の1市4町5村で構成されています。九州山脈に囲まれた人吉盆地を球磨川が貫流しています。豊かな自然の中に、相良700年の歴史と文化が数多く残る地域です。

 

天草(あまくさ)地域

 天草地域は、熊本県の南西部に位置し、天草市、上天草市、苓北町の2市1町で構成されています。藍より青い海と緑深い山々が印象的な天草。キリシタン文化、豊富な温泉、温暖な気候、新鮮な海の幸と魅力いっぱいの地域です。

 ホーム