くまもとの宝うまかもん百貨店
   うまかもん 生産者・お店
ホーム
  ホーム > 小泉農園 店舗紹介


店舗紹介

小泉農園
  • ショップサイト:  小泉農園 新しいウィンドウで表示
  • 生産者:  小泉農園
  • 責任者:  小泉亮子
  • 電話番号:  0967-62-0889
  • FAX番号:  0967-62-0889
Iターンで就農しました。農への思いはとにかく「美味しさ」。自分たちの食べたいものを育てています。
阿蘇のススキ、野草、落ち葉で作った自家製堆肥を使っています。このような、昔ながらの堆肥は深い味わいが出るといわれています。農薬は極力抑えて安心して召し上がっていただけるよう努力しています。
小泉農園
畑で真っ赤に「甘熟」してから収穫します。栄養価の高い赤系トマトの栄養価がさらに、最も高まる旬の時期の収穫です。酸味も香りもしっかりあり、夏の完熟トマトには深い味わいがあります。お客様から、「体とココロにしみます」とお話をいただきます。トマトの甘みと、ほどよい酸味がきいているからでしょうか?大事な方へのプレゼントにどうぞ。それから日々、頑張っておられる貴方にも。
ススキ
阿蘇といえばススキ。このススキの堆肥(かや堆肥)は、手がかかるため今はあまり作られなくなっています。私たちは、毎年、再来年のための堆肥を作ります。たくさんの面積を刈っても、出来上がるのはほんの少しの量です。
しかし、美味しいトマトを作るために ここは手を抜かず寝かしてじっくり熟成させた堆肥を使っています。
小泉農園
農薬は極力使わず、除草剤も使用せずハウスの中の草はひたすら手で抜いています。ハウスのなかには落ち葉を敷いたり、バジルやニラを植えたりしています。
おけらや、こおろぎ、蛙などいろんな生き物がいます。
小泉農園
原料は、真っ赤に熟したトマトのみ。その時期のミディトマトは、えっ、お砂糖入っていないよね?とトマトをかじりながら仰る方がおられます。それくらい糖度が乗っているときに、収穫します。赤系の青果用ミディトマトです。加工用のトマトと違い、やわらかいため、手間隙かけて一粒づつ丁寧に収穫します。


新しいウィンドウで表示 このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
  ▲ページの先頭へ